全日本高校・大学ダンスフェスティバル(神戸)

よくある質問Faq

上演

装置・小道具

装置(小道具)を使いたいのですが、楽屋・舞台袖で組み立てられますか?
第31回大会から、楽屋・舞台袖での装置の組み立て・解体は禁止(舞台上は可)です。
また、上演の妨げとなる可能性のある装置は、「場当たり」や「上演打ち合わせ」で舞台監督から変更を指示する場合があります。要項P.11(3)
装置(小道具)に「キャスター」が付いています。
違う舞台で上演した時に、リノリウムを傷つけることはありませんでした。使用して構いませんか?
神戸文化ホールでは、非常に柔らかいリノリウムを使用しています。キャスターなどでリノリウムを傷つけてしまうと、今後ホールをお借りできない事態に発展する可能性もあります。
小道具や装置にキャスターが付いている場合は、必ず「養生」を行ってください。最悪、キャスターがリノリウムを傷つける可能性がある場合、大会当日、装置・小道具の使用を禁止することがありますので、十分に気をつけて下さい。要項P.12③c.
B用紙提出締切後、「装置・小道具」を増やしたいのですが可能ですか?
また、「装置・小道具」を大きくしても良いですか?
B用紙提出後の「装置・小道具」を増やすことやサイズを大きくすることは禁止です。
装置・小道具を使用の際は、必ず B 用紙の所定欄に、「大きさ、数量、材質、使用場面、方法」等を具体的に明記して下さい。また、個数が明記されていない場合は、1つとみなしますので、必ず使用個数を記載してください。cmやmの書き間違いにもご注意ください。要項P.12③d.
※B用紙提出後、届け出以外の装置や小道具を持ち込み、上演に用いた場合は、違反行為とみなされます。要項P.13④
ローラーシューズは使用できますか?
ローラーシューズの使用は禁止です。
作品途中で「スカートを脱ぎます」「シャツを脱ぎます」「スカーフをはずします」「髪の毛をほどくのでゴムを取ります」。この場合、小道具になるのでしょうか?
身に着けているものが、身体から(手から)離れると小道具になります。
身体から離れても手から離れなければ衣装の一部ですが、その後外したものをポケットにしまったり、投げたり、別の人に渡したり、袖幕に置いたり等した場合は小道具扱いになります。
衣装を「装置や小道具」にする場合は、必ずB用紙提出時に、「小道具」として申請を行ってください。
申請がなく、身体から離れた場合は、審査係に報告します。要項P.13 5④

伴奏音楽

無料ソフトの音を使用したいと思っているのですが、使用は可能ですか?
ソフトの種類が多様化し、ネット上の音源データは、作品上演に使用出来ないもの(違法)もあるので、各校で使用出来る音源か「必ず確認」してください。著作権の管理者が外国にある場合などは、連絡に時間がかかることがあるので注意してください。要項P.10 4(1)
使用CDに関して。「○○ミュージック・FREE」というPCデータに元々入っている効果音を使用したいのですが、著作権記載方法が分かりません。
購入した音源ではないのですが使用して大丈夫ですか?
配信権利をもっている人がアップしている場合と配信権利を持たずアップしている場合があります。配信権利の概要を各校で確認して下さい。
確認しても分からない場合は、市販の音源を使用し、その情報を明記して下さい。要項P.11 (2)e.
舞台で歌を歌おうと思っています。
その場合も「演奏曲目報告書」に記載するべきですか。
既成の歌を歌う場合は、「演奏曲目報告書」に記載して下さい。

場当たり

大学の試験日と重なってしまい、数名「場当たり」に参加できない状況です。
出演者が全員揃わなくても大丈夫でしょうか?
出演者は、全員揃っていなくても大丈夫です。
※「場当たり」に出演者が全員揃わない場合は、必ず事前に日本女子体育連盟へご連絡下さい。
しかし、「装置・小道具」に関しては、「場当たり」時に全て持参してください。
また、「衣装の脱ぎ着があれば小道具扱い」になるので必ず全て持参するようにしてください。
※装置・小道具は、場当たりに持参しなかった場合は、本番使用できません。要項P.15 (3)

動線(人や装置等の流れ)

B用紙の作品開始時の「出演者の配置」人数(⑦)についての質問です。
舞台中央よりも上手寄りに装置を設置する必要があり、作品の始まりと同時に「下手」から登場し、装置を設置した後、「上手」にはける場合、この出演者は「下手」「板付き」どちらの欄に記入すればよいですか?
装置を設置(板付き)して、上手へはける者は「下手」の欄へ記入して下さい。
(「大会要項」及び「B用紙記入上の注意事項」にも加筆してあります)
装置・小道具の移動についての質問です。舞台の後ろの通路を通る時妨げにならないかちょっと心配なのですが、次のチームに聞きに行ったところ、上演中に舞台の後ろを通る人はいないとのことでした。問題ありませんか?
舞台の後ろの通路はダンサーだけでなくスタッフなども通ります。要項にも書いてある通り、装置をもっていても必ず人とすれ違うことができなければなりません。また、勝手に次チームに舞台後ろを通るかどうか聞くことは避けて下さい。上演係が装置を見て、人とすれ違えないと判断した場合、例え事故が起こらなかったとしても、審査係に報告します。要項P.13 5④
私のチームは人数が少なくてきっかけ出し係がいません。ダンサーは全員板付きで始まります。
ダンサーが舞台上でQを出してもよいですか?
残念ながら、それはできません。
先生、先輩、お友達などにお願いするか、ダンサーの一人は板付きせず、きっかけを出してから舞台で踊って下さい。
上演が終了した時に、小道具を舞台上に残してしまいました。
次チームの上演を妨げましたので、審査係に報告します。

会場・受付・開会式

出演予定であった生徒1名がケガで出演できないため、変更届を大会当日受付に持参予定です。
また、そのケガをした学生は、作品は欠場となるが、大会会場には行く予定です。
「入場証」「プログラム」はもらえますか?
変更届を大会当日受付に持参して下さい。「入場証」「プログラム」を受け取ることはできます。
開会式には参加できますが、人数変更は「楽屋係」にも伝えるので、楽屋に入ることはできません。